不妊治療は早期に取り組むのがオススメです

問診や視診から始める

診察

大阪で不妊治療を行なう場合には、まず問診や視診から受けましょう。自分の体内がどの様な状態にあるのか、問診や視診で明確に調べることが不妊治療の第一歩になるのです。

More Detail

年代別の妊娠率

診察

自然妊娠の確立は、35歳を境に低下していきます。近年、高齢妊娠や出産も珍しくはありませんが、健康な状態でなければ高齢での妊娠は難しいのです。確実な妊娠を望むのであれば、早い時期から妊活を行なう必要があるでしょう。

今や若年層にも不妊は広がっています。確実な妊娠の為には早期の不妊治療がオススメです。不妊治療は20代から始めておくのが理想的です。25歳前後であればまずはタイミング法で不妊治療に取り組んでみましょう。タイミング法なら自分でも行なえます。毎日基礎体温を測り、排卵日を調べていきましょう。より確実な排卵日を調べたいのであれば、病院で調べてもらいましょう。1年程タイミング法を試しても効果を感じることができない場合には、人工授精に切り替えてみても良いでしょう。人工受精であれば、タイミング法よりも妊娠の確立が高くなってきます。

若い年代の不妊は、生活環境の乱れが原因になっていることもあります。特に飲酒や喫煙などでホルモンバランスが崩れやすくなり、月経に影響してきます。不規則な生活を続けると血圧が高くなり、出産の際に危険な状態になってしまいます。妊娠を望むのであれば、自分で取り組めることから改善していきましょう。食事はできるだけ自炊し、カロリーや栄養のバランスを整えましょう。適度な運動はストレスの軽減につながるので、散歩や軽いジョギングを週に何度か取り入れてみましょう。シャワーだけの入浴は避け、しっかりと浴槽につかる様にすると体温もあげることができます。

治療には男性の協力も必要

頭を抱える男性

不妊治療を行なっていく中で、男性の精子検査も欠かすことはできません。不妊の問題は女性だけでなく、男性も一緒に取り組むべき問題なのです。精子検査はクリニックで検査できます。

More Detail

季節ごとに対応する

検診

子供が欲しいと考えているカップルや夫婦は、季節に合わせて妊活に取り組んでいきましょう。季節の影響で体調が良くなることもありますし、悪くなることもあります。変化に対応できる体作りをめざしましょう。

More Detail